印鑑のフォント

印鑑で使われる文字には種類があります。
一般的によく見られるのは古印体や隷書体、個人用では行書体や楷書体も良く使われます。

書体も一般的な行書体から印鑑用に古代文字を改良した篆書体まで
数種類の中から選べるお店が大半です。

同じ文字でも使う書体によって全く印象が違いますから、
印鑑を選ぶ際には印鑑サンプルをよく見て自分の希望にあっているか
きちんと確かめてから購入すると良いでしょう。

最近では印鑑をネット販売しているお店の中には便利なサービスとして、
実際の出来上がりをあらかじめ画面で確認出来るプレビューシステムを取り入れているところもあります。
名は体を表すという言葉があるように、印鑑の名前はその人の個性としても見られますから、
自分のイメージにあったものを根気よく見つけると良いと思います。
特に代表印はこだわりたいですから、ここはじっくり考えたいですね。

また、用途によっても書体は変わります。
実印や銀行印の場合は偽造防止の意味でも複雑な印相体、篆書体が使われる事が多く、
読みやすさが求められる認印には古印体、楷書体が使われる事が多いようです。
代表的な篆書体は、漢字の起源である「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、
紀元前200年ごろ、秦の始皇帝により改良されできた書体が
「小篆(しょうてん)」です。
その「小篆」が、一般的に「篆書体」として用いられている書体です。
日本銀行発行の紙幣にも、篆書体の印鑑が印刷されています。

古印体は七~八世紀頃から日本の印章に使われている書体で、
隷書体から変化してできた雅な味わいのある書体です。
独特の墨溜りや線の切れは、文字を鋳造した際に生じるものを再現しています。
一見単純に見える古印体ですが、実のところ線の強弱や切れのバランスを取ることが非常に難しい書体です。

*このサイトは現在準備中です